講師派遣申込書籍購入申込協会入会申込

当協会の概要を記載しています。

平成11年度 受賞者

武田 邦宣 氏  神戸市外国語大学助教授

論題:「EC競争法に関する研究」(EC集中規則における規制基準の展開(1),(2完)(EC競争法における協調型ジョイントベンチャー規制(1)-(4)六甲台論集法学政治学篇43巻1号~3号、44巻1号 (平成8年7月~9年7月)、EC集中規則における規制基準の展開・(2完))神戸外大論叢 第50巻第1号[99.9]~第50巻第6号[99.11]

>>受賞論文の要旨

<受賞者略歴>(「公正取引」掲載時点)
<選考経過>

 武田邦宣氏の対象論文は,ECの集中規制につき,その施行後10年経った時点で,その運用の概観と分析を行ったものである。 ECの集中規制についてはこれまでもいくつかの研究が公にされているが,事例研究とそれに関する学説を網羅的に,かつ綿密に調べたという点ではおそらく出色のものであり,集中規制による寡占規制のあり方,及び産業・社会政策的考慮との関係の2点に焦点を当て,これら2点とも委員会の裁量を認めることで現在では積極的に運用されていること,他方で,集中規制が揺藍期をすぎた今日では,裁量の不透明性を批判する主張にも応えるべき時期に来ていることが明確に示されていると評価できる。

ページのトップへ戻る